• 双葉工芸印刷とは
  • 代表挨拶
  • 事業内容
  • 会社概要
代表挨拶
奮励、深慮、挑戦。常に自分を奮い立たせて努め励み、あらゆる角度から深く考え抜き、新たな価値創造に挑み続けよう。
挑戦の先だけに未来がある。変化を恐れず、次の半世紀へ。

双葉工芸印刷は、1962年、印刷技術の大変革期の中で設立されました。
挑戦から始まったその歴史は、現在まで留まることのない革新を続けています。
しかし、一貫して変わることなく心に刻み続けていること。
それは、「クオリティに対する絶対の自信と誇り」です。


メディアが多様化した現代、紙という媒体には新たな価値が求められています。
誰もが触れることのできる、もっとも身近で生活に溶け込んでいる紙。
デジタルにはないその特徴を最大限に活かし、これまでにない価値を創造するためには、
決して妥協することのない “made in Japanのものづくり精神”が不可欠です。
時代のニーズに応え、技術革新を推し進めるのは当然のこと。
原点として決して揺らいではいけないことは、
クオリティを上げるためにあらゆる角度から考え抜く姿勢であり、
困難を恐れないチャレンジスピリットです。
こうして、品質に徹底的にこだわり抜いた製品だけを提供し、広く社会に貢献していく。
それこそが、半世紀を超える挑戦の歴史を持つ私たちの使命であると考えます。


グローバル化が進む今、我が社もアジアを中心にフィールドが広がっています。
2016年2月には本社機能を市川に移転し、名実ともに製造と販売を
一体化する体制を整えました。今後も世界に誇れるクオリティの製品を通じて
印刷の可能性を切り拓き、お客様の課題解決に向けて、
ともに歩み続けてまいります。


  • Ⅰ.我が社のスローガンである『奮励、深慮、挑戦。』を念頭に、
  • プライドを持って行動する。
  • Ⅱ.社会のニーズ、及びお客様のニーズを汲み取り、課題解決となる提案をする。
  • Ⅲ.常識にとらわれず、敢えて困難な仕事に挑戦し続け、成し遂げる。
  • Ⅳ.オンリーワンの製品創りに邁進し、会社の成長と社会の発展に貢献する。
  • Ⅴ.自分に自信を持ち、常に努力を怠らず、常に考えて、考え抜く。
  • Ⅵ.何事にも受け身にならず、攻めて、攻めて、攻め抜く。